沿革

 昭和39年 7月        近藤吾郎を代表社員として会社設立

          資本金  500万  合資会社 近藤スプリング製作所

          線ばね(精密ばね)を加工成形を始める

昭和54年10月   ケーブルコントロール製品の製造開始

昭和60年 4月   近藤吾郎 代表社員退任 近藤たつ子 代表社員代行就任

昭和62年 4月   シャフト製品の製造開始

昭和63年10月   近藤正英 代表社員就任

平成13年 8月   ワイヤーフォーミング(ザブ)製品の製造開始

平成13年11月   ワイヤーリング製品の製造開始

平成17年 5月   フューエルリング製品の製造開始

平成22年 5月   社名変更 近藤スプリング株式会社へ

          近藤正英 代表取締役就任

平成22年10月   資本金を525万へ増資

平成22年11月   近藤正英 代表取締役退任 近藤康雄 代表取締役就任

          近藤正英 相談役就任

平成24年 5月   近藤正英 相談役退職

平成26年10月   近藤康雄 代表取締役退任

平成26年11月   近藤孝政 代表取締役就任 近藤正典 専務取締役就任